Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も

スマートフォンでSNSを利用している子どもの26.2%が、何らかのトラブルを経験していることがわかった。生活習慣への悪影響がもっとも多かったが、不正ログインや架空請求の被害に遭った子どもも5%前後にのぼる。

トレンドマイクロが、スマートフォンでFacebook、Twitter、LINEなどのSNSを利用している小学4年生から中学3年生までの子どもを持つ保護者を対象に、4月20日から22日にかけてウェブアンケートを実施。618人が回答した。

SNSを利用したことで、子どもが何らかのトラブルを経験したと回答した保護者は26.2%。複数回答による内訳を見ると「SNSに熱中して生活習慣に悪影響が出た」が13.9%でもっとも多い。

一方、「他人に勝手にログインされた(5.3%)」「有害なサイトを閲覧した(5.2%)」「架空請求の被害に遭った(4.9%)」「フィッシングサイトや偽サイトに接続した(4.7%)」などの被害も見られた。

20170706_tm_001.jpg
SNS利用中に子どもが経験したトラブル(グラフ:トレンドマイクロ)

子どもがSNSを利用する際のセキュリティ対策について、「特になし」との回答が24.6%。「URLフィルタリングの利用(28.2%)」「不正サイトへのアクセスを防止するソフトの利用(20.2%)」「不正アプリを駆除するソフトの利用(19.1%)」と、製品による対策は、いずれも3割未満にとどまった。

(Security NEXT - 2017/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
未成年による危険なサイトへのアクセス、日本は年平均228回
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
2割強の乳幼児、スマホの画面ロックを解除 - 有料課金50万円のケースも
生徒のネットトラブル - 教育関係者の6割超が経験
悪者にもっとも便乗されているヒーローは?
不正サイト検知数は5.7%増、格安ランドセル販売を装うフィッシングも
約3分の1がモバイル端末に暗証番号設定せず - 約1割のユーザーは使い回し
小中学生のパソコン、4割はウイルス対策不足 - トレンドマイクロまとめ
小中高生の保護者は7割以上が自身もフィルタリングを活用