Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供

バッファローは、同社製の外付けハードディスクおよびポータブルハードディスク向けの故障予測サービス「みまもり合図」を提供開始した。

同サービスは、パソコンに接続されている外付けハードディスクの健康状態を判定して、その結果を通知するもの。

対象ハードディスクを接続するパソコン向けに無料のクライアントソフトウェアを提供。「S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)」の情報をクラウドに蓄積し、監視することで故障の前兆を検知する。ソフトはWindowsおよびMac OS向けに用意した。

劣化が進行した場合や故障するおそれがある場合は、サポート窓口を案内。新しいハードディスクへ移行する有償サービスなどを提供する。

(Security NEXT - 2017/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
PCから内蔵HDDが抜き取られ盗難 - 神奈川大
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開
MS、月例セキュリティ更新をリリース、脆弱性67件を解消 - 脆弱性2件にゼロデイ攻撃