Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法務省複数ソフトのインストーラに脆弱性 - 導入済み環境には影響なし

法務省が提供する複数ソフトのインストーラに脆弱性が含まれていることが判明した。修正版がリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が判明したのは、PDFファイルへ電子署名を付与するために同省が提供する「PDF署名プラグイン」のインストーラ。

同インストーラにおいて検索パスの指定に問題があり、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2233」が存在。導入済みのプラグインそのものに脆弱性は存在しないという。

また「申請用総合ソフト」においても同様の脆弱性「CVE-2017-2232」が判明している。同省では、脆弱性を修正したインストーラを公開しており、最新のインストーラを利用するよう注意を呼びかけている。

これらソフトに限らず、旧版のインストーラ作製ソフトなどを利用した際に脆弱性を作り込んでしまうケースが多数判明しており、JVNでは広く注意を呼びかけている

同省においても、「商業登記電子認証ソフト」のインストーラに類似した脆弱性が5月に明らかとなっている。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ