Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省の「電子成果物作成支援・検査システム」のインストーラなどに脆弱性

国土交通省の「電子成果物作成支援・検査システム」に関連するファイルにおいて、不正なファイルを読み込む脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトのインストーラや自己解凍書庫において、同一ディレクトリに保存されたライブラリファイルを意図せず読み込む脆弱性「CVE-2017-2231」が含まれるという。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

同省では、6月20日に修正版を公開。インストール作業を行う際は、最新のインストーラを利用するよう注意を呼びかけている。

同ソフトに限らず、インストーラに脆弱性を作り込んでしまうケースが多発しており、JVNでは広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱