Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロの「ServerProtect for Linux」に複数脆弱性

トレンドマイクロがLinux環境向けに提供しているセキュリティ対策製品「ServerProtect for Linux」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品において、マンインザミドル攻撃を受けるおそれがある脆弱性が判明したもの。アップデートサーバになりすまし、複数の脆弱性を悪用することで、任意のコードを実行させることが可能になるという。

同社では、これら脆弱性を解消した「同3.0 Critical Patch 1531」をリリースした。今回のパッチで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-9032
CVE-2017-9033
CVE-2017-9034
CVE-2017-9035
CVE-2017-9036
CVE-2017-9037

(Security NEXT - 2017/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず