Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される

SNSサービス「LINE」を装ったフィッシング攻撃が発生している。誘導先のフィッシングサイトは7月3日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20170703_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE変更」といった件名のメールを送信。本文で「アカウントの変更申請のメールを受け取った」などと不安を煽り、申請していない場合は解除が必要として偽サイトへ誘導、アカウント情報をだまし取ろうとする。

メールの本文には「LINE Corporation」をそのまま訳したと見られる「ライン会社」といった記載や、「リンクはずっと無応答です」など、一部不自然な言い回しも見られた。

誘導先としてすでに6件のURLが報告されており、7月3日の時点でフィッシングサイトは稼働していることが確認されていることから同協議会は閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、誤ってメールアドレスやパスワードといったアカウント情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用