Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション

米Akamai Technologiesは、DNSを活用した法人向けセキュリティ対策ソリューション「Enterprise Threat Protector」を発表した。

同ソリューションは、マルウェア配信やフィッシング攻撃、C&Cサーバなど、同社が収集した脅威データを使用し、ユーザーがアクセスしようとしているドメインが安全かどうか判断。悪意のあるドメインにアクセスするのを防ぐサービス。

DNSプロトコルを利用してデータを窃取しようとする攻撃を特定できるという。また企業の利用規定に違反するウェブコンテンツへの制限などにも対応する。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加