Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県

福岡県は、県民意識調査の関連業務を委託している事業者において、調査対象者の個人情報含む名簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、委託事業者の調査員が作成し、6月10日に事業者宛てに郵送した名簿の所在がわからなくなっているもの。問題の名簿には、田川市、宮若市、糸田町の選挙人名簿から無作為に抽出した210人の氏名、住所、生年月日、性別が記載されていた。

6月20日、事業者が名簿が届いていないことに気付き、調査員は配送状況の追跡ができるレターパックを利用してポストに投函したとしているが、ポストの担当郵便局では、同レターパックを受領していないという。

22日に事業者より報告を受けた同県では、警察へ届けるとともに、福岡中央郵便局に調査を依頼した。名簿に控えはなく、記載された個人は特定できないことから、対象地区の自治会長に対して説明を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
特定健診受診推奨名簿が所在不明 - 五島市
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管