Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー

Chubb損害保険は、グローバルのサイバーリスクに対応するサイバー保険「Cyber Pro」を発売した。

同商品は、サイバー攻撃や情報管理上のミスで生じた第三者の損害に対する賠償や、対策費用を補償するサイバー保険。

国内外で生じた情報漏洩発生時の損害賠償をはじめ、フォレンジック調査やクレジットカードの不正利用に対するモニタリングで発生する費用などをカバーする。

個人情報の取得方法や第三者提供など情報管理上のミスによる事故にも対応。個人情報保護法違反による行政調査の弁護士相談費用なども補償するとしている。

マルウェア攻撃の踏み台になるなど、サイバー攻撃を受けた際に防御へ失敗し、第三者へ損害を与えた場合も補償の対象とするほか、ランサムウェアなど金銭の支払いを目的としたサイバー攻撃を受けた際の相談費用、データを破壊された際の復元費用を補償する。

さらにサイバー攻撃で事業が中断した場合の逸失利益、営業継続費用や、名誉毀損、著作権侵害などコンテンツに起因した賠償などもオプションとして補償対象に追加することが可能。

賠償金および費用補償における保険金の最大限度額は20億円。保険料は、売上高や業種、対象とするリスクの範囲などにより変化するが、一例として売上高100億円規模の製造業において、填補限度額を1億円とした場合、200万円程度になるという。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
あいおいニッセイ同和、「サイバー保険室」新設 - 開発や引受体制を強化
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
NEC、サイバー攻撃の初動対応とフォレンジック解析を提供 - 解析費用は保険でカバー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス