Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増

2016年度における国内の標的型攻撃対策支援サービス市場は、前年度比19.9%増になったとする調査結果をITRが取りまとめた。

20170623_it_001.jpg
標的型攻撃対策支援サービスの市場動向(グラフ:ITR)

同社が、標的型攻撃対策支援サービス市場における売上実績や売上予測などを、国内39社への調査をもとに分析したもの。2016年度の売上金額は95億円で、前年度比19.9%と高い成長率を示した。

また今後も引き続き需要が拡大するとして、2017年度の市場規模を前年度比17.5%増にあたる112億円と予想している。

中期的な見通しとしては、2020年に向けて国内企業を標的とした攻撃が急激に増加することが予測され、同市場に対するニーズはさらに高まると分析。2020年度には170億円、2021年度は189億円の売り上げを見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ