Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを

複数の脆弱性に対処した「OpenVPN 2.4.3」「同2.3.17」がリリースされた。一部脆弱性はリモートより悪用が可能であるとし、開発チームでは早期にアップデートするよう呼びかけている。

リモートよりシャットダウンが可能となる脆弱性「CVE-2017-7508」をはじめ、セキュリティ研究者によるファジングなどにより複数の脆弱性が判明、修正したもの。

また特定の環境下で情報漏洩やシステムのクラッシュを引き起こす脆弱性「CVE-2017-7520」を解消したほか、メモリリークやサービス拒否など、CVEベースであわせて4件の脆弱性を解消。

またCVE番号が割り当てられていないものの、Nullポインタ参照の脆弱性や、セキュリティ上の影響がないバグフィクスなども行われている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-7508
CVE-2017-7520
CVE-2017-7521
CVE-2017-7522

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性