Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充

日本IBMは、インシデントの事前対策や事後対応を支援するサイバーセキュリティ対策サービス「IBM X-Force IRIS」を提供開始した。

同サービスは、インシデントに備え、事前対策から、インシデント発生後の対応まで支援するもの。4種類のサービスメニューを用意し、マルウェアの侵害状況の調査や、攻撃に備えた事前の対応策立案、CSIRTの知見やスキル向上、被害の拡散防止や早期復旧などを幅広く支援する。

具体的には、すでに提供している日本独自のCSIRT研修サービスを拡充した「Cyber Security対応Training」を用意。未知のマルウェアによる攻撃を想定し、攻撃が成功するか独自の手法で診断する「Active Threat Assessment」を提供する。

さらに「X-Force IRIS Vision Retainer」により、インシデント発生時には、被害の拡大防止や早期復旧を支援。これら3サービスに関しては順次サービスを展開していく。またインシデント対応を行うための計画策定を支援する「Incident Response Planning」に関しては、2018年以降に提供する予定。

(Security NEXT - 2017/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
【特別企画】柔軟性高いSOCと機械学習がもたらす速攻検知 - Managed Cyber GateとVectra Networks社製品の導入事例
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス