Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供

エルテスとクロスワープは、中国で事業を展開する日本企業を対象に、従業員による情報漏洩を調査するサービスを7月より提供開始する。

同サービスは、日本企業の中国支店や中国の現地法人を対象に、内部からの情報漏洩対策を提供するもの。中国の文書共有サイト「百度文庫(バイドゥブンコ)」「豆丁网(ドックイン)」「道客巴巴(ドックハチハチ)」などに企業の内部情報が漏洩していないか調査する。

また、現地法人におけるウェブアクセスログやファイルサーバのアクセスログ、勤怠管理、パソコンログイン、外部記憶媒体の利用、メール送受信などを調査して、内部流出の予兆を検知する。料金は、月額54万円から。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力