Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供

エルテスとクロスワープは、中国で事業を展開する日本企業を対象に、従業員による情報漏洩を調査するサービスを7月より提供開始する。

同サービスは、日本企業の中国支店や中国の現地法人を対象に、内部からの情報漏洩対策を提供するもの。中国の文書共有サイト「百度文庫(バイドゥブンコ)」「豆丁网(ドックイン)」「道客巴巴(ドックハチハチ)」などに企業の内部情報が漏洩していないか調査する。

また、現地法人におけるウェブアクセスログやファイルサーバのアクセスログ、勤怠管理、パソコンログイン、外部記憶媒体の利用、メール送受信などを調査して、内部流出の予兆を検知する。料金は、月額54万円から。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出