Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「高齢者支援センター」など名乗る詐欺 - 「個人情報の削除」で連絡、「被災地支援」にも便乗

「高齢者支援センター」などを名乗って個人情報が漏洩していると不安を煽り、それに応じた消費者の行動に法令違反があったなどと脅して、金銭をだまし取る詐欺が確認されている。金銭をだまし取る以外にも、被害者に「受け子役」を行わせるケースもあるという。

注意喚起を行った消費者庁によれば、今回確認された詐欺には、偽の公的機関にくわえ、同機関が紹介する個人情報の「代理登録者」、さらに「代理登録者」が電話をかけるよう求める「被災地支援物品の販売業者」など、役割が異なる複数の人物が登場する「劇場型詐欺」だという。

最初に接触してくるのは、「高齢者支援センター」をはじめ、「高齢者福祉支援センター」「高齢者生活支援ボランティアセンター」など、公的機関に見せかけた団体の関係者を名乗る人物。電話で「個人情報が漏れて別の団体に登録されている」などと説明して不安を煽る。

その上で代わりの個人情報を登録する「代理登録者」が必要などとだまし、「代理登録者」のボランティアなどとして別の人物を紹介。同人物は「被災地支援物品の購入に協力してほしい」などと持ちかけ、購入にあたり被害者が偽公的機関から告げられた「登録番号」が必要などとし、同番号を聞き出していた。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導