Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正

オープンソースのウェブサーバ「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性が含まれることが判明した。最新リリースの「同2.4.26」で修正されている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、認証回避の脆弱性「CVE-2017-3167」やNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2017-7659」のほか、バッファオーバーリードなど、あわせて5件の脆弱性が明らかとなった。

同ソフトを提供するApache Software Foundationでは、最新版となる「同2.4.26」「同2.2.33-dev」をリリース。脆弱性を修正したほか、機能の改善、バグの修正などを行った。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3167
CVE-2017-3169
CVE-2017-7659
CVE-2017-7668
CVE-2017-7679

(Security NEXT - 2017/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にエラーページが改ざんされる脆弱性 - 修正版がリリース
「Struts 2」脆弱性狙うアクセスが継続中 - 当初の暫定対策だけでは危険
Cisco、「Apache Struts 2」脆弱性の影響受ける製品リストを更新
都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」
情報漏洩など「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - 修正版がリリース
Apple、macOS向けに脆弱性に対処したアップデート - 重複除く125件を解消
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開