Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正

オープンソースのウェブサーバ「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性が含まれることが判明した。最新リリースの「同2.4.26」で修正されている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、認証回避の脆弱性「CVE-2017-3167」やNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2017-7659」のほか、バッファオーバーリードなど、あわせて5件の脆弱性が明らかとなった。

同ソフトを提供するApache Software Foundationでは、最新版となる「同2.4.26」「同2.2.33-dev」をリリース。脆弱性を修正したほか、機能の改善、バグの修正などを行った。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3167
CVE-2017-3169
CVE-2017-7659
CVE-2017-7668
CVE-2017-7679

(Security NEXT - 2017/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性、サービス拒否のおそれ
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
iOS向け保険管理アプリに脆弱性 - 「Cordova」向け旧プラグインに起因
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ