Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正

オープンソースのウェブサーバ「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性が含まれることが判明した。最新リリースの「同2.4.26」で修正されている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、認証回避の脆弱性「CVE-2017-3167」やNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2017-7659」のほか、バッファオーバーリードなど、あわせて5件の脆弱性が明らかとなった。

同ソフトを提供するApache Software Foundationでは、最新版となる「同2.4.26」「同2.2.33-dev」をリリース。脆弱性を修正したほか、機能の改善、バグの修正などを行った。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3167
CVE-2017-3169
CVE-2017-7659
CVE-2017-7668
CVE-2017-7679

(Security NEXT - 2017/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Apache ShardingSphere」にRCE脆弱性 - YAMLライブラリに起因
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
「Apache Tomcat」に2件の脆弱性 - 一部は旧版でも対応
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに