Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、サイバーセキュリティの研究開発戦略について意見募集

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「サイバーセキュリティ研究開発戦略」のパブリックコメント案を取りまとめた。6月19日まで意見を募集している。

同戦略は、安全な社会システムの実現や新産業の創造、研究開発による国際競争力の強化など、サイバーセキュリティ分野の将来的な研究開発の方向性について示したもの。

政府機関や大学、企業などを含め、経営者から研究開発の戦略企画を行う担当者まで幅広い層を対象としており、研究開発戦略専門調査会での議論を通じて策定した。

近い将来のIT利活用を想定したサイバーセキュリティに関する研究開発戦略を示すとともに、IoTやAIの高度化、ビッグデータの活用、ネットワーク技術の高度化など具体例も含め、研究開発における今後の課題を言及。また、中長期的な研究開発を検討する際の切り口についても示した。

同案に対する意見は、電子政府の総合窓口である「e-Gov」やメール、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは6月19日17時で、郵送に関しては同日必着となる。

(Security NEXT - 2017/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省