Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「12日月曜日に支払下さい」、請求書を装うマルウェアメール - 本文にはランダムな日本人名

オンラインバンキングの利用者を狙い、不正送金マルウェアへ感染させようとするメールが引き続き確認されている。本文にはランダムな日本人名が記載されていた。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、6月7日に確認されたメールでは、「請求書ほか」「請求書を添付」などの件名で送信されていた。本文にはランダムな日本人名が記載され、「12日、月曜日に支払いして下さい」などと書かれていたという。

そのほか、契約内容の確認を促すメールを偽装したケースや、税関への申告や検査で必要な「インボイス」の送付を装ったメールなども確認されている。

同センターでは、添付ファイルを開封したり、本文記載のURLにアクセスすると、不正送金マルウェアに感染、オンラインバンキングのアカウント情報が盗まれるおそれがあると指摘。今回のケース以外にもマルウェアが添付されたメールが多数配信されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上