Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施

Jiransoft Japanが提供するランサムウェア対策ソフト「AppCheck」のインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラの検索パスに脆弱性「CVE-2017-2214」が見つかったもので、意図しない実行ファイルを呼び出し、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同製品を利用している場合、製品使用時に自動的にパッチが適用されるとしており、「同2.0.1.15」以降であれば脆弱性は修正された状態だという。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消