Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施

Jiransoft Japanが提供するランサムウェア対策ソフト「AppCheck」のインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラの検索パスに脆弱性「CVE-2017-2214」が見つかったもので、意図しない実行ファイルを呼び出し、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同製品を利用している場合、製品使用時に自動的にパッチが適用されるとしており、「同2.0.1.15」以降であれば脆弱性は修正された状態だという。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に