Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、IoTオフィス機器にICチップ技術を応用 - クマヒラのセキュリティゲートに搭載

大日本印刷は、ICチップを活用したオフィス機器の開発を推進する。手はじめにクマヒラと協業し、セキュリティを強化した可搬式セキュリティゲートの開発を進めている。

同社では、機器とサービス間の相互認証や通信の暗号化などの機能を実現するICチップについて、IoT機器に組み込むプラットフォームの展開を強化。セキュリティが求められるオフィス機器へ応用を図る。

同プラットフォームを活用した機器やサービスは、2017年度末から提供する予定で、手はじめに、クマヒラが提供を検討している可搬式セキュリティゲートへ同技術を搭載する予定。

今後はオフィス機器や社会インフラシステム機器などを提供するメーカーと連携。2018年までに約10万台の機器への導入を目指す。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業