Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、IoTオフィス機器にICチップ技術を応用 - クマヒラのセキュリティゲートに搭載

大日本印刷は、ICチップを活用したオフィス機器の開発を推進する。手はじめにクマヒラと協業し、セキュリティを強化した可搬式セキュリティゲートの開発を進めている。

同社では、機器とサービス間の相互認証や通信の暗号化などの機能を実現するICチップについて、IoT機器に組み込むプラットフォームの展開を強化。セキュリティが求められるオフィス機器へ応用を図る。

同プラットフォームを活用した機器やサービスは、2017年度末から提供する予定で、手はじめに、クマヒラが提供を検討している可搬式セキュリティゲートへ同技術を搭載する予定。

今後はオフィス機器や社会インフラシステム機器などを提供するメーカーと連携。2018年までに約10万台の機器への導入を目指す。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収