Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス

NTT東日本は、不正通信の監視、遮断から復旧までサポートするサービス「おまかせサイバーみまもり」を6月29日より提供開始する。

同サービスは、ネットワーク監視やマルウェア駆除、復旧支援をワンストップで提供するもの。ネットワークに機器を設置し、不正侵入対策や、メールセキュリティ対策、URLフィルタリング、アプリケーションの利用制御などを実現。

同社のサポートデスクが営業している9時から21時にかけて通信状況を監視し、インシデントを検知した場合は原因究明やマルウェア駆除、端末の復旧などを電話案内でサポートする。

さらに電話での対応が困難な場合のOSのリカバリーについては、訪問サポートを提供。また、不正通信の監視結果をまとめたレポートを月1回提供する。

専用BOX1台あたりの月額利用料は、接続端末台数が50台のStandardプランが月額1万800円。接続端末台数が100台のProfessionalプランが1万8360円。別途、基本工事費や機器工事費が必要。また最低利用期間が60カ月となっており、途中解約の場合、解約金が必要となる。

(Security NEXT - 2017/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売