Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にエラーページが改ざんされる脆弱性 - 修正版がリリース

「Apache Tomcat」において、カスタムエラーページを改ざんされるおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかになった。アップデートがリリースされている。

同ソフトウェアにおいて、セキュリティ機能をバイパスされる脆弱性「CVE-2017-5664」があらたに判明したもの。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」。

開発チームによれば、デフォルトサーブレットに書き込みの権限が与えられている場合、細工されたHTTPリクエストを受けると、カスタムエラーページが削除されたり、上書きされるおそれがあるという。

開発グループでは、脆弱性を修正した「同 9.0.0.M21」「同8.5.15」「同8.0.44」「同7.0.78」をリリース。セキュリティ機関とともにアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
ハンモックのIT管理製品「AssetView」に複数の脆弱性
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性