Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」

2016年度に報告があったマイナンバーの漏洩は165件だった。そのうち6件は「重大な事態」に相当したという。

個人情報保護委員会が2016年度における事務処理状況を取りまとめたもの。マイナンバーの漏洩など、マイナンバー法に違反したり、違反のおそれがあるとして、117の組織から165件の報告が寄せられた。報告の多くは、地方公共団体においてマイナンバーを含む書類が誤送付または誤交付されたケースが占める。

一方、漏洩や紛失した件数が100件を超えるなど、同委員会への報告が義務付けられている「重大な事態」に相当するケースは、165件のうち
6件で、内訳は地方公共団体が2件、民間事業者が4件だった。

内容を見ると、地方公共団体が他人のマイナンバーを誤って記載してほかの地方公共団体へ送付したケースや、民間事業者の再委託先が、情報システムに記録されていたマイナンバーを含む従業員情報を誤って削除したケースなどがあったという。

同年度には、法令やガイドラインの遵守状況、特定個人情報保護評価書に記載された事項の実施状況を確認するため、行政機関5件、地方公共団体5件の立入検査を実施した。また、マイナンバーやマイナンバーカード裏面のQRコードなどがウェブサイトに掲載されていたことなどを受け、6件の注意喚起を実施した。

(Security NEXT - 2017/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口