Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化

FFRIは、セキュリティ対策ソフト「FFRI yarai」の新版となる「同2.9」を発売した。

同製品は、エンドポイント向けのセキュリティ対策ソフト。新版では、攻撃の痕跡をドライブ上に残さないファイルレスマルウェアへの対策や、マクロやスクリプトへの対策を強化した。また、検体から動的特徴を抽出する「機械学習エンジン」について見直しを行ったという。

アップデートモジュールは、6月28日より配信し、英語版についても6月末にリリースする予定。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応