Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化

FFRIは、セキュリティ対策ソフト「FFRI yarai」の新版となる「同2.9」を発売した。

同製品は、エンドポイント向けのセキュリティ対策ソフト。新版では、攻撃の痕跡をドライブ上に残さないファイルレスマルウェアへの対策や、マクロやスクリプトへの対策を強化した。また、検体から動的特徴を抽出する「機械学習エンジン」について見直しを行ったという。

アップデートモジュールは、6月28日より配信し、英語版についても6月末にリリースする予定。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ