Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS製マルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性 - 今月2度目の定例外アップデートで修正

今回判明した脆弱性8件のうち、「CVE-2017-8538」「CVE-2017-8540」「CVE-2017-8541」の3件は、細工されたファイルをスキャンした際にメモリ破壊が生じる脆弱性。同脆弱性の深刻度は、4段階中もっとも高い「緊急」とされる。

ウェブサイトの閲覧、メールやメッセージの受信、コンテンツの保存のほか、定期的なスキャンを行った際など、細工されたファイルに対してスキャンを行うと、リモートでコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

のこる5件の脆弱性「CVE-2017-8535」「CVE-2017-8536」「CVE-2017-8537」「CVE-2017-8539」「CVE-2017-8542」は、深刻度が1段階低い「重要」。いずれも細工されたファイルをスキャンすると、サービス拒否が生じるおそれがある。

同社では、自動アップデート機能が有効となっていれば、リリースより48時間以内に更新が適用されるとし、特に作業などは必要ないと説明している。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ