Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション

KDDIは、法人向けデバイス管理サービス「KDDI Smart Mobile Safety Manager」に、スマートフォンとタブレット向けの有償オプション「Webフィルター」を追加する。

同機能は、ホワイトリストやブラックリストによるアクセス制御を行うURLフィルタリング機能とカテゴリフィルタリング機能をセットで提供するもの。管理者向けにカテゴリのカスタマイズ機能も提供する。

2016年11月より4G LTEケータイ向けに提供しているが、今回スマートフォンとタブレットに対応した。月額料金は端末1台あたり200円。

また、同サービスのバージョンアップを行い、機能の改善などを実施。iOSでは、アプリケーションの配信において、「AppStore」のアプリケーションの最大登録件数を50件から300件に拡張するなど5項目の機能を見直した。

Androidでは、不正アプリがインストールされた場合に検知して削除を促すエージェントアプリを提供するなど3項目を改善している。

(Security NEXT - 2017/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、スマートデバイス向けにウェブフィルタリングサービス
日本プルーフポイント、モバイルアプリの脅威可視化ソリューション
LANDESK、IT管理ソリューションにMDM機能追加
小規模企業の約半数でBYOD - セキュリティ対策の甘さ目立つ
ソフォス、データ保護機能を強化したMDMソフト
ソフトバンク、法人向けMDMにスマホアプリ監視ツール
オプティム、MDMツール最新版 - Windows端末向け機能を強化
2014年のモバイル管理市場は76億円 - 前年比28.4%増
ルックアウト、法人向けモバイル対策製品をリリース