Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も

PS Japanは、スペインPanda Security製のエンドポイント向けセキュリティ対策ソリューション「Adaptive Defense 360」を販売開始した。

同製品は、クラウド上に蓄積したアプリケーションの動作情報をもとに、アプリケーションの動きを監視し、マルウェアを検出するエンドポイント向けソリューション。

スパム対策やファイアウォール、デバイス制御のほか、ウェブアクセスに対するモニタリングやフィルタリング機能を搭載。試行された攻撃に対し、追跡や分析を行う自動フォレンジック機能などを提供するという。

価格は、1ユーザーあたり年額8900円。ボリュームディスカウントにも対応する。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック