Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も

PS Japanは、スペインPanda Security製のエンドポイント向けセキュリティ対策ソリューション「Adaptive Defense 360」を販売開始した。

同製品は、クラウド上に蓄積したアプリケーションの動作情報をもとに、アプリケーションの動きを監視し、マルウェアを検出するエンドポイント向けソリューション。

スパム対策やファイアウォール、デバイス制御のほか、ウェブアクセスに対するモニタリングやフィルタリング機能を搭載。試行された攻撃に対し、追跡や分析を行う自動フォレンジック機能などを提供するという。

価格は、1ユーザーあたり年額8900円。ボリュームディスカウントにも対応する。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ