Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も

PS Japanは、スペインPanda Security製のエンドポイント向けセキュリティ対策ソリューション「Adaptive Defense 360」を販売開始した。

同製品は、クラウド上に蓄積したアプリケーションの動作情報をもとに、アプリケーションの動きを監視し、マルウェアを検出するエンドポイント向けソリューション。

スパム対策やファイアウォール、デバイス制御のほか、ウェブアクセスに対するモニタリングやフィルタリング機能を搭載。試行された攻撃に対し、追跡や分析を行う自動フォレンジック機能などを提供するという。

価格は、1ユーザーあたり年額8900円。ボリュームディスカウントにも対応する。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神