Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も

PS Japanは、スペインPanda Security製のエンドポイント向けセキュリティ対策ソリューション「Adaptive Defense 360」を販売開始した。

同製品は、クラウド上に蓄積したアプリケーションの動作情報をもとに、アプリケーションの動きを監視し、マルウェアを検出するエンドポイント向けソリューション。

スパム対策やファイアウォール、デバイス制御のほか、ウェブアクセスに対するモニタリングやフィルタリング機能を搭載。試行された攻撃に対し、追跡や分析を行う自動フォレンジック機能などを提供するという。

価格は、1ユーザーあたり年額8900円。ボリュームディスカウントにも対応する。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供