Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正個人情報保護法施行で旧ガイドラインは廃止へ

改正個人情報保護法がまもなく全面施行となること受け、現行の個人情報保護法におけるガイドラインが廃止となることが一部省庁よりアナウンスされている。

5月30日に改正個人情報保護法の全面施行を迎えるが、同日以降は主務大臣制が廃止となり、事業者の監督は同委員会に一元化される。

旧ガイドラインについても廃止となり、今後は原則として同日以降は個人情報保護委員会が策定した「個人情報の保護についてのガイドライン(通則編)」「同(外国にある第三者への提供編)」「同(第三者提供時の確認・記録義務編)」「同(匿名加工情報編)」へ一元化。また金融や医療など一部特定分野では、通則編を基礎とした上で追加のガイドラインが用意されている。

個人情報の漏洩などが発生した場合、個人情報取扱事業者が実施すべき対応については、同委員会の告示「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」に取りまとめられている。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
個人情報保護委、コミッショナー国際会議の正式メンバーに
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
「個人情報保護法相談ダイヤル」、5月30日スタート