Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET

マルウェアのファミリーごとに見ると、情報を窃取する「Kryptik」が17%で最多。多数の亜種が確認されているが、なかでも一部亜種が写真の送付や運送会社を装う日本語のばらまき型メールに添付され、ゴールデンウィーク直前の4月27日から28日にかけて集中的に流通したという。

ダウンローダとして動作するJavaScriptベースの「JS/Danger.ScriptAttachment」が15%。さらに他マルウェアを感染させるPDFファイル形式の「PDF/TrojanDropper」が14%と僅差で続いた。複数の亜種が検出されており、ランサムウェアの感染を狙った亜種も確認されている。

情報窃取を試みる「Win32/Spy.Ursnif(8%)」や、ブラウザに偽の警告を表示して騙し、有料のソフトウェアやサービスの利用に誘導する「HTML/FakeAlert(6%)」なども検出されている。

(Security NEXT - 2017/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表