Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSA由来の「EternalBlue」、悪用は「WannaCrypt」より「Adylkuzz」が先 - 狙いは仮想通貨

ランサムウェア「WannaCrypt」が悪用していたとして注目されたエクスプロイト「EternalBlue」だが、「WannaCrypt」より先に、別のマルウェアで悪用されていたことがわかった。

「EternalBlue」は、米国家安全保障局(NSA)から流出したとされるエクスプロイト。マイクロソフトが3月に公開した月例セキュリティ更新「MS17-10」によって修正された「SMB v1」の脆弱性「CVE-2017-0145」を悪用する。

「WannaCrypt」では、ネットワークを経由し、同脆弱性を悪用して脆弱性を解消していない端末に伝播していくワームとしての機能を備えていたことから、感染拡大の一因となった。

「WannaCrypt」の特徴とも言える同脆弱性の悪用だが、「WannaCrypt」の拡散より以前に、「Adylkuzz」が感染活動で同脆弱性を悪用していた。感染すると、仮想通貨である「Monero」を攻撃者のために稼ぐため、感染端末のリソースを浪費する。

20170519_ad_001.jpg
「Adylkuzz」の検出数(グラフ:ESET)

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン