Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に

ぴあは、4月に公表したプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」の関連サイトが不正アクセスを受けた問題で、その後把握したクレジットカード被害の状況などを明らかにした。

問題となった不正アクセスは、3月7日から15日にかけて、チケットサイトおよびファンクラブ受付サイトで利用していたアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたもの。重複を除き約14万7093件の個人情報が外部へ流出した可能性がある。

同社では公表当初、クレジットカード情報について、名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど、3万2187件が漏洩した可能性があるとしていたが、チケットサイトにおける6508件についても閲覧された可能性があることから、あらたに対象範囲へ含めた。これにより、クレジットカードに関しては合計3万8695件が漏洩した可能性がある。

また同社は、クレジットカードの不正利用について、4月21日の時点で197件、630万円の被害を確認しているとしていたが、情報を更新。5月8日の時点で379件、約880万円の被害が判明しているという。不正利用による被害については同社が負担するとしている。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出