Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2016年における個人情報漏洩インシデントの概況について取りまとめた。

20170518_jn_001.jpg
2016年の個人情報漏洩原因(グラフ:JNSA)

同年に報道されたインシデントについて同協会が独自に集計、分析し、速報版として取りまとめた。

2016年に報道された個人情報漏洩に関するインシデントは468件。前年調査の788件から大幅に減少した。

一方、漏洩した個人情報の件数は1510万6784件。前年の約496万件から約3倍へと増加。インシデント1件あたりの漏洩件数は3万4024人だった。

業種別にインシデント件数を見ると、「教育、学習支援業」が107件で22.9%、「金融業、保険業」が105件で22.4%であわせると4割を超える。「公務」が68件(14.5%)、「情報通信業」が38件(8.1%)、「卸売業、小売業」が32件(6.8%)だった。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か