Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード

くわえて同社は、「WannaCrypt」の感染経路に言及。同マルウェアを世界各地へ拡散させるために利用された感染経路については、「確定していない」とした。ウェブサイト経由で拡散されたケースも確認されたが、本来の攻撃者と関係ない模倣犯の可能性があると指摘している。

また当初、同社は「WannaCrypt」について「CryptXXX」のファミリーであるとの見方を示していたが、同社製品において「CryptXXX」として検出されることがあるものの、「CryptXXXファミリー」の亜種であるとの表現は取り下げている。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て