Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ

アークンは、複数のセキュリティ機能を1台に集約した中小企業向けセキュリティサーバ「Secure Ace」を発表した。6月9日より販売を開始する予定。

同製品は、マルウェア対策ソフト「EX AntiMalware」や操作ログ収集ソフト「PasoLog」、ファイルの暗号化とバックアップを行う「OfficeCrypt」など3種類のソフトをプリインストールしたセキュリティサーバ。

EX AntiMalwareは、マルウェアだけでなく使用禁止ソフトを検知。またPasoLogは、クライアントPCやファイルサーバの操作ログを記録するほか、USBメモリやWindowsポータブルデバイスの接続制御、ソフトの利用制限などの設定することが可能。

サーバ用「EX AntiMalware」1ライセンス付きの「ベーシックパッケージ」と、「EX AntiMalware」のクライアント端末用ライセンスを付属したパッケージを用意している。

(Security NEXT - 2017/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ