Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ

アークンは、複数のセキュリティ機能を1台に集約した中小企業向けセキュリティサーバ「Secure Ace」を発表した。6月9日より販売を開始する予定。

同製品は、マルウェア対策ソフト「EX AntiMalware」や操作ログ収集ソフト「PasoLog」、ファイルの暗号化とバックアップを行う「OfficeCrypt」など3種類のソフトをプリインストールしたセキュリティサーバ。

EX AntiMalwareは、マルウェアだけでなく使用禁止ソフトを検知。またPasoLogは、クライアントPCやファイルサーバの操作ログを記録するほか、USBメモリやWindowsポータブルデバイスの接続制御、ソフトの利用制限などの設定することが可能。

サーバ用「EX AntiMalware」1ライセンス付きの「ベーシックパッケージ」と、「EX AntiMalware」のクライアント端末用ライセンスを付属したパッケージを用意している。

(Security NEXT - 2017/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec