Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールが旅行予約サイトの予約完了通知を偽装 - 添付ファイルに注意

20170516_jc_002.jpg
確認されたマルウェアメール(画像:JC3)

オンラインバンキングの利用者へ不正送金マルウェアへ感染させようとするあらたな手口が確認されたとして、関係機関では注意を呼びかけている。メールでは、実在する旅行予約サイトを装っていた。

不正送金マルウェアを感染させるメールに関して注意喚起を行っている日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、5月15日に旅行予約サイトである「るるぶトラベル」のメールを装った手口が確認されたという。

問題のメールは、予約完了通知を偽装。同サイトより送信されたと見せかけ、メールの本文には宿泊予定日など記載することで、実際に予約が行われたかのように装い、明細や請求書などとする添付ファイルを開かせようとしていた。

添付ファイルはマルウェアであるとして、同センターでは誤って開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神