Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールが旅行予約サイトの予約完了通知を偽装 - 添付ファイルに注意

20170516_jc_002.jpg
確認されたマルウェアメール(画像:JC3)

オンラインバンキングの利用者へ不正送金マルウェアへ感染させようとするあらたな手口が確認されたとして、関係機関では注意を呼びかけている。メールでは、実在する旅行予約サイトを装っていた。

不正送金マルウェアを感染させるメールに関して注意喚起を行っている日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、5月15日に旅行予約サイトである「るるぶトラベル」のメールを装った手口が確認されたという。

問題のメールは、予約完了通知を偽装。同サイトより送信されたと見せかけ、メールの本文には宿泊予定日など記載することで、実際に予約が行われたかのように装い、明細や請求書などとする添付ファイルを開かせようとしていた。

添付ファイルはマルウェアであるとして、同センターでは誤って開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応