Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「WannaCrypt」が拡散、国内で感染も - 週明けのメールチェック時に注意を

メールなどで拡散していると見られ、感染後は、リモートよりコードが実行される「SMB v1」の脆弱性「CVE-2017-0145」を悪用。細工したパケットを「SMBサーバ」に送りつけることで拡散する機能を持ち、ネットワーク内にある脆弱なパソコンやサーバへ感染が広がるおそれもある。

同脆弱性は、マイクロソフトが3月に公開した月例セキュリティ更新「MS17-010」で修正されており、パッチリリース当時には脆弱性の公開や悪用は確認されていなかったが、 その後、同脆弱性を悪用するコードが出回っている。

JPCERTコーディネーションセンターによれば、国内においても感染被害の情報を得ているという。くわしい感染経路は不明だが、従来よりランサムウェアに関しては、メールやウェブ閲覧により配布サイトへ誘導され、感染するケースが多いと指摘。

5月15日の月曜日が休み明けとなる企業も多く、受信したメールの添付ファイルや記載されたリンクの取り扱いに注意を払うよう警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2017/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を