Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法政大、不正アクセスに関する調査結果を公表

法政大学は、同大のサーバが不正アクセスを受けた問題で、当初発表していたアカウント情報の外部流出は確認されなかったとする調査結果を公表した。

同問題は、2016年12月8日に同大のサーバが不正アクセスを受けたもの。3月10日に公表した時点では、サーバを経由してアカウント管理サーバにアクセスされ、学生や教職員、委託業者などのアカウント情報4万3103件が流出した可能性があるとしていた。

同大では、外部事業者によるネットワークの解析およびログの調査を実施。同調査の報告を踏まえ、同大の情報セキュリティ委員会で検討を行い、アカウント管理サーバへのアカウント情報の要求を行った痕跡は認められたが、それにともなう情報流出は確認されなかったと結論付けたという。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院