Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法政大、不正アクセスに関する調査結果を公表

法政大学は、同大のサーバが不正アクセスを受けた問題で、当初発表していたアカウント情報の外部流出は確認されなかったとする調査結果を公表した。

同問題は、2016年12月8日に同大のサーバが不正アクセスを受けたもの。3月10日に公表した時点では、サーバを経由してアカウント管理サーバにアクセスされ、学生や教職員、委託業者などのアカウント情報4万3103件が流出した可能性があるとしていた。

同大では、外部事業者によるネットワークの解析およびログの調査を実施。同調査の報告を踏まえ、同大の情報セキュリティ委員会で検討を行い、アカウント管理サーバへのアカウント情報の要求を行った痕跡は認められたが、それにともなう情報流出は確認されなかったと結論付けたという。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認