Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス

PFUは、ネットワークに接続した機器のセキュリティリスクに対処するアプライアンス製品を6月30日より提供開始する。

「iNetSec SF」は、従来製品「iNetSec Smart Finder」「iNetSec Intra Wall」の機能を統合したソリューション。

ネットワークに接続したパソコンやスマートフォン、プリンタ、ウェブカメラなどの機器を可視化し、許可なく接続された機器を検知することが可能。追加機能ライセンスを購入することで、マルウェアを検知した端末やパッチ未適用端末の遮断にも対応する。

IT機器の可視化や不正端末を遮断するアプライアンスであるセンサーと、センサーを統合管理するソフトウェアであるマネージャーで構成。価格は、センサーが18万円。マネージャーが24万円。今後3年間で20億円の売り上げを目指すという。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
ネットワーク警告灯「警子ちゃん」がPoE対応
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション