Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス

PFUは、ネットワークに接続した機器のセキュリティリスクに対処するアプライアンス製品を6月30日より提供開始する。

「iNetSec SF」は、従来製品「iNetSec Smart Finder」「iNetSec Intra Wall」の機能を統合したソリューション。

ネットワークに接続したパソコンやスマートフォン、プリンタ、ウェブカメラなどの機器を可視化し、許可なく接続された機器を検知することが可能。追加機能ライセンスを購入することで、マルウェアを検知した端末やパッチ未適用端末の遮断にも対応する。

IT機器の可視化や不正端末を遮断するアプライアンスであるセンサーと、センサーを統合管理するソフトウェアであるマネージャーで構成。価格は、センサーが18万円。マネージャーが24万円。今後3年間で20億円の売り上げを目指すという。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
DNP、IoTオフィス機器にICチップ技術を応用 - クマヒラのセキュリティゲートに搭載
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応