Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス

PFUは、ネットワークに接続した機器のセキュリティリスクに対処するアプライアンス製品を6月30日より提供開始する。

「iNetSec SF」は、従来製品「iNetSec Smart Finder」「iNetSec Intra Wall」の機能を統合したソリューション。

ネットワークに接続したパソコンやスマートフォン、プリンタ、ウェブカメラなどの機器を可視化し、許可なく接続された機器を検知することが可能。追加機能ライセンスを購入することで、マルウェアを検知した端末やパッチ未適用端末の遮断にも対応する。

IT機器の可視化や不正端末を遮断するアプライアンスであるセンサーと、センサーを統合管理するソフトウェアであるマネージャーで構成。価格は、センサーが18万円。マネージャーが24万円。今後3年間で20億円の売り上げを目指すという。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック