Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」

GMOペイメントゲートウェイは、同社が運用を受託していたウェブサイトが不正アクセスを受け、情報漏洩が発生した問題で役員を処分した。

同問題は、都より受託していたクレジットカードによる都税の支払いサイトや、住宅金融支援機構の関連サイトが「Apache Struts 2」の脆弱性を突かれ、クレジットカード情報をはじめとする個人情報が流出したもの。4月末までにクレジットカード情報の不正利用は確認されていない。

今回の問題を受けて同社では、セキュリティに関するマネジメント体制や運用に起因したとし、経営責任を明らかにするとして処分を発表。代表取締役社長の相浦一成氏について役員報酬の30%を3カ月減額するなど役員3名について減俸処分とした。

(Security NEXT - 2017/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS