Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチでOfficeゼロデイ脆弱性3件を修正 - サイバースパイ組織が悪用

Officeにおいて「EPSファイル」の処理に脆弱性が存在し、脆弱性を狙うゼロデイ攻撃が発生していた問題で、Microsoftは5月の月例パッチで3件の脆弱性を解消した。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」である5月9日の月例セキュリティ更新で、Officeにおいてリモートでコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-0261」「CVE-2017-0262」と、権限昇格の脆弱性「CVE-2017-0263」の3件に対応したもの。

セキュリティベンダーより報告を受けた同社では、4月の月例セキュリティ更新で緩和策を提供。「Encapsulated PostScript(EPS)グラフィックフィルタ」をデフォルトでオフにするよう変更したほか、「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じてセキュリティベンダーと情報を共有していた。

これら脆弱性は、いずれも細工したドキュメントをメールを用いて送りつける限定的な標的型攻撃に悪用されたことが確認されているという。

「CVE-2017-0261」に関しては、「Windows GDI」において権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2017-0001」を組み合わせ、「SHIRIME」「NETWIRE」を感染させるために悪用された。同社では3月の月例セキュリティ更新「MS17-013」で「CVE-2017-0001」を修正しており、攻撃より保護されていたと説明する。

(Security NEXT - 2017/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力