Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco、「Apache Struts 2」脆弱性の影響受ける製品リストを更新

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性「CVE-2017-5638」が見つかった問題で、Cisco Systemsは、同脆弱性の影響を受ける同社製品のリストを更新した。

3月6日に「Jakartaマルチパーサー」に関する脆弱性「CVE-2017-5638」が公開されたことから、同社では3月より対応状況のリストを公開しているが、5月5日に同リストをアップデートした。

4月19日に「Cisco Emergency Responder」のパッチが公開されたほか、あらたに「Cisco Prime License Manager」の修正版がリリースされたという。また「Cisco Unified SIP Proxy Software」に関しては6月にアップデートの提供が予定されている。

20170510_cs_001.jpg
影響を受ける製品のリスト(表:Cisco Systems)

(Security NEXT - 2017/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性