Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス

人材派遣事業などを展開するスタッフサービスにおいて、同社の元従業員が登録者に関する個人情報を在職中に外部へ持ち出していたことがわかった。すでに回収済みだという。

20170510_ss_001.jpg
個人情報流出を公表したスタッフサービスグループ

同社の従業員が登録者に関する個人情報を持ち出し、外部へ流出していたことが判明したもの。すでに同従業員は退職している。

4月19日に登録者より問い合わせがあり、ログの解析を実施。翌20日に問題が発覚した。

流出したのは、1万5368人分の登録者情報で、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

流出した個人情報について、同社はすでに回収済みであると説明。また登録者の連絡先情報と一緒に漏洩したわけではないが、性別や時給金額、企業名などの営業情報も流出しており、調査を行っているという。

今回の問題を受けて同社は、監督官庁である東京労働局やプライバシーマーク審査機関へ報告。関係者に対して書面やメールで謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
メルマガに登録者の個人情報ファイルを添付 - 人材派遣会社
医療関連の求人情報メール誤送信 - メアドが流出
メール誤送信でメールアドレスが流出 - 人材派遣会社
職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大
早大、「医療費通知」でマルウェア感染 - 管理者PW窃取で複数台へ拡大
サイトから登録した個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
リスト作成ミスで源泉徴収票を誤送信 - ヒューマンリソシア
「サンプル百貨店」の会員情報46万件が流出 - 派遣社員が名簿業者11社に売却