Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、CASBや資産管理ソリューションなどのセキュリティ製品を利用して脅威を監視する新サービスを開始した。

同サービスは、Darktraceの「Enterprise Immune System」や、Netskopeの「Netskope」、エムオーテックスの「プロテクトキャット Powered by Cylance」を活用し、フルタイムでアノマリ監視を実施するサービス。

組織内における各製品のセンサーによって検知されたアラートを分析。内容について調査し、緊急度に応じて利用者へ連絡する。さらに日次報告のほか、対応策についても定期的に報告。月次レポートで対応実績、傾向分析結果についても報告する。

サービスの月額利用料は、40万円から。 同社では、初年度の売上げとして1億5000万円を目標に同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開