Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、CASBや資産管理ソリューションなどのセキュリティ製品を利用して脅威を監視する新サービスを開始した。

同サービスは、Darktraceの「Enterprise Immune System」や、Netskopeの「Netskope」、エムオーテックスの「プロテクトキャット Powered by Cylance」を活用し、フルタイムでアノマリ監視を実施するサービス。

組織内における各製品のセンサーによって検知されたアラートを分析。内容について調査し、緊急度に応じて利用者へ連絡する。さらに日次報告のほか、対応策についても定期的に報告。月次レポートで対応実績、傾向分析結果についても報告する。

サービスの月額利用料は、40万円から。 同社では、初年度の売上げとして1億5000万円を目標に同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア