Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に

フォトブック作成サービス「nohana」のサーバに不具合があり、一部利用者の登録情報を外部より閲覧できる状態だったことがわかった。

ミクシィの子会社で同サービスを運営するノハナによると、ユーザーが利用時に登録した情報へ意図しないアクセス権限が設定されるケースがあり、特定の操作を行うことで第三者が登録情報にアクセスできる状態だった。氏名や電話番号、メールアドレス、プロフィール写真を閲覧された可能性がある。

4月24日13時ごろ、ユーザーからの問い合わせを受けて調査していたところ、サーバプログラムの不具合に気が付いたという。

今回の問題について同社は、意図しないアクセス権限が設定されるのは「非常にまれな確率」であると説明。該当者は仮登録者や登録者など150人だという。

同社では、サーバのプログラムやアクセス権限を修正。ユーザー情報が不正に取得されたかについては、現在調査中としている。対象となるユーザーには、事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

(Security NEXT - 2017/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力