Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散

2016年に国内でも多数観測されたランサムウェアの「Locky」だが、再びあらたな活動が複数のベンダーによって観測されている。

PhishMeでは、「Locky」の感染を目的としたスパムの拡散を4月21日に確認。今回の感染活動では、従来とは異なり、Officeのマクロファイルを利用。不正送金マルウェアとして知られる「Dridex」の拡散方法と類似していると指摘している。

攻撃に利用されたファイルを解析したKaspersky Labによれば、メールへ添付されていたファイルは、PDFファイルを使用。外部よりファイルをダウンロードするVBAマクロを含むWordファイルがPDFファイルへと埋め込まれていた。

PDFファイルを開くと、Wordファイルが開くしくみで、その際に誤って「編集を有効にする」ボタンをクリックすると、ダウンロードされたランサムウェアによりファイルが暗号化される。暗号化後に追加される拡張子は「.osiris」だった。

今のところ、今回の攻撃キャンペーンで日本語を用いたスパムメールは確認されていないという。しかし、暗号化後に金銭を要求するページは、日本語を含む31カ国語に対応していた。

また今回の攻撃では、国内の一部サーバが踏み台に悪用されていた。問題のサーバは、2016年9月より改ざんされた状態が続いていると見られている。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減