Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も

2016年に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられたセキュリティに関する相談は、前年の1万4657件を上回り、1万5873件だった。「ワンクリック請求」と「ウイルスの偽警告」で半数近くを占めている。

同機構が提供している情報セキュリティ安全相談窓口に対し、2016年に寄せられた相談件数やおもな相談内容について取りまとめたもの。2016年には1万5873件の相談が寄せられ、前年の1万4657件から8.3%増。

2009年と2010年は「ワンクリック請求」に関する相談が増加したことを受け、相談件数が一時2万件を超えたが、2012年に業者の摘発が相次いだ影響で減少に転じ、その後は1万5000件前後で推移している。

相談種類別に見ると、「ワンクリック請求」が全体の25.6%にあたる2292件で最多。次に多かったのは、「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安をあおり、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」で、22.6%にあたる2029件の相談があった。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移