Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。IDを暫定的に変更したなどと不安を煽って偽サイトへ誘導。個人情報をだまし取る。

20170424_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」といった件名のメールが送信されているという。

メールの本文は、MUFGカードのウェブサービスが第三者よりアクセスされ、登録IDを暫定的に変更したなどとだます内容。

「任意のIDへ再変更」などと称して偽サイトへ誘導し、氏名や住所のほか、クレジットカード情報、ウェブのアカウント情報など、個人情報を詐取する。

今回の攻撃では、同社が発行する「NICOSカード」や「DCカード」のほか、「MUFGカード・アメリカン・エクスプレス・カード」「JAカード」「UFJ JCBカード」など複数のカードブランドを対象としていた。

(Security NEXT - 2017/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念