Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。IDを暫定的に変更したなどと不安を煽って偽サイトへ誘導。個人情報をだまし取る。

20170424_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」といった件名のメールが送信されているという。

メールの本文は、MUFGカードのウェブサービスが第三者よりアクセスされ、登録IDを暫定的に変更したなどとだます内容。

「任意のIDへ再変更」などと称して偽サイトへ誘導し、氏名や住所のほか、クレジットカード情報、ウェブのアカウント情報など、個人情報を詐取する。

今回の攻撃では、同社が発行する「NICOSカード」や「DCカード」のほか、「MUFGカード・アメリカン・エクスプレス・カード」「JAカード」「UFJ JCBカード」など複数のカードブランドを対象としていた。

(Security NEXT - 2017/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割