Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も

日本HPは、BIOSの保護やマルウェア感染対策、覗き見防止などPC向けにあらたなセキュリティソリューションを開発した。法人向け新モデルでこれら機能を採用している。

法人向け端末におけるセキュリティ対策を強化するため、BIOSの保護や、ウェブブラウズ時におけるマルウェア対策、物理的に侵害されるリスクを低減する機能など、あらたに追加したもの。

OSより低いレイヤーの保護としては、BIOSの不正変更を防止したり、マスターブートレコードを修復できる「HP BIOSphere」の新バージョン「同Gen3」や、BIOSの自己修復機能の新版「HP Sure Start Gen3」を搭載した。

Bromiumの技術を採用し、ウェブブラウザのタブをマイクロVM内で実行する「HP Sure Click」をソフトウェアで提供。また簡単なキー操作から左右の視野角を狭め、盗み見のリスクを低減する「HP Sure View」を開発した。

さらに専用のスマートフォンアプリとBluetoothで接続し、スマートフォンとの距離によって、端末をロックしたり、パソコンの温度やバッテリー残量といった端末の使用状況や、不正操作の状況を監視できる「HP WorkWise」を用意。ロック中の端末を動かしたり、キー操作などを検知、スマートフォンへ通知できる。

いずれも新モデル向けの機能となり、旧製品向けには提供されない。搭載する機能は端末によって異なるが、今回の新機能をすべて搭載した「HP EliteBook x360 1030 G2」は19万2240円から。

(Security NEXT - 2017/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携