Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」

シスコシステムズは、セキュリティ人材の育成を目的とした「サイバーセキュリティスカラシッププログラム」を国内向けに展開する。

同社が持つセキュリティ技術と学習プログラムをベースに、ITの基礎から情報セキュリティまで体系的に学習するためのプログラムを提供するもの。

運営母体として、企業や有識者が参加する「サイバーセキュリティ 人材育成コンソーシアム」を設置。トレーニングの提供やインストラクターの育成、受講環境の提供などを実施。成績優秀者には、海外でのインターンシップの機会や、同社が積極的に採用するとしている。

当初は、学生が対象。今後は障害者の雇用、女性エンジニアの育成、セカンドキャリアなど幅広い層の人材育成を視野に入れているという。またコンソーシアム参加企業による採用機械の提供についても検討するとしている。

具体的なトレーニングプログラムとしては、基礎知識を身につけるセルフラーニングの入門コース、研修やハンズオントレーニングで知識とスキルを身につける基礎コースのほか、実践的なセキュリティ対策や解析手法を身につける応用コースを用意する。

20170424_cs_001.jpg
サイバーセキュリティ 人材育成コンソーシアムにおける役割(表:シスコシステムズ)

(Security NEXT - 2017/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
ラック、新卒採用で新たな試み - CTF突破で「即!西本面接」
NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
政府、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」でパブコメ実施
情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割