Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「花子」など複数のジャストシステム製品に脆弱性 - 悪用は未確認

グラフィックソフト「花子」など複数のジャストシステム製品に、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートモジュールがリリースされている。

20170420y_js_001.jpg
あらたな脆弱性が判明した花子の紹介サイト(ジャストシステム)

「花子2017」をはじめ、同社の複数製品において検索パスの設定に問題があり、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2154」が存在することが判明したもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークの吉田英二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

ジャストシステムでは修正プログラムを用意。今回の脆弱性について、修正プログラムの公開時点で、悪用の報告は受けていないとしている。

花子2017
花子2016
花子2015
花子Pro 3
JUST Office 3 [Standard]
JUST Office 3 [エコ印刷パック]
JUST Office 3 & Tri-De DataProtect パック
JUST Government 3
ジャストジャンプ クラス2
ジャストフロンティア3
ジャストスクール6 Premium
花子Police 5
JUST Police 3
花子2017 体験版

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ghostscript」にコード実行の脆弱性 - 悪用コードが流通
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
バッファローのネットワークカメラ「WNC01WH」に脆弱性
Oracle、定例更新で「Java SE」の脆弱性8件を修正
Oracleが定例パッチをリリース - 脆弱性299件に対応
「Drupal」のRESTモジュールに深刻な脆弱性 - 影響考慮し非サポート版向けにも更新
帳票ツール「風神レポート」のビューアソフトに脆弱性
IIJ製ルータ「SEILシリーズ」にサービス拒否の脆弱性 - 修正版ファームウェアが公開