Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も

フィッシング対策協議会は、Appleを装ったフィッシング攻撃を複数確認しているとして注意を呼びかけた。メールは、不自然な日本語で記載されていた一方、「CAPTCHA」などを用いていた。

20170419_ap_001.jpg
不自然な部分が目立つフィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「AMZN Mobile LLCからの最近の購」との件名でメールを送信。

本文では、受信者のアカウントが関連付けられていなかった端末で利用され、「AMZN Mobile LLCを購入するために使用されたばかり」などと説明していた。

「AMZN Mobile LLC」はAmazonのアプリを提供している企業の名称であり、さらにメールの結びが「よろしく、」となっているなど、不自然な表現が目立つ。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念