Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も

フィッシング対策協議会は、Appleを装ったフィッシング攻撃を複数確認しているとして注意を呼びかけた。メールは、不自然な日本語で記載されていた一方、「CAPTCHA」などを用いていた。

20170419_ap_001.jpg
不自然な部分が目立つフィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「AMZN Mobile LLCからの最近の購」との件名でメールを送信。

本文では、受信者のアカウントが関連付けられていなかった端末で利用され、「AMZN Mobile LLCを購入するために使用されたばかり」などと説明していた。

「AMZN Mobile LLC」はAmazonのアプリを提供している企業の名称であり、さらにメールの結びが「よろしく、」となっているなど、不自然な表現が目立つ。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大