Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も

フィッシング対策協議会は、Appleを装ったフィッシング攻撃を複数確認しているとして注意を呼びかけた。メールは、不自然な日本語で記載されていた一方、「CAPTCHA」などを用いていた。

20170419_ap_001.jpg
不自然な部分が目立つフィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「AMZN Mobile LLCからの最近の購」との件名でメールを送信。

本文では、受信者のアカウントが関連付けられていなかった端末で利用され、「AMZN Mobile LLCを購入するために使用されたばかり」などと説明していた。

「AMZN Mobile LLC」はAmazonのアプリを提供している企業の名称であり、さらにメールの結びが「よろしく、」となっているなど、不自然な表現が目立つ。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付
LINEのフィッシング、「2段階パスワードに更新した」とだます手口
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
添付PDFファイルから偽サイトへ誘導するフィッシング - HTTPS接続も利用
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル